ブログ

2019年10月02日

終(つい)の職場

【終の職場】とは、人生最後の勤め先(会社・部署・現場)という意味です。終の棲家、終の住処という小説がありますが、そのタイトルからインスピレーションを得て出来た言葉だと思われます。

弊社は終の職場日本一を目指します。

人口減少による人手不足が深刻になっています。弊社も例外ではありません。様々な策を講じておりますが、まだまだ道半ばの状況です。

働き続けたい人の希望を叶えられることが、今後会社が生き残れる要因のひとつだと考えます。しかし本人の希望だけでは働き続けることはできません。

1.社員満足と勤務・健康状態、2.お客様の評価、3.会社のルール遵守

終の職場実現のための3要素です。

弊社の定年は65歳ですが、本人の希望、健康状態、勤務の状況から、契約延長となる方がほとんどです。これまでの最高齢はなんと78歳!その方は「体調は悪くないけど目が見えにくくなった」という理由で惜しまれながら退職されました。社員の平均年齢が高い弊社にとってシニア世代は大切な人材なのです。

勤務の内容、場所、時間など多様性を受け入れられる会社、やりがいを感じられる仕事、地域に貢献する存在、様々な課題に取り組み、人口減少地域の希望のモデルとなるべく終の職場となります。四季のように長い人生いろいろな事がありますが、どの季節も大切ですよね。私は思い残すことなく働き終えた方の顔が大好きです!

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ